Home News Bio Membership Gallery Tour
 


Archive for March, 2021

In Memorium

Sunday, March 28th, 2021
Dick-Slagle-2018.jpg

Richard “Dick” Slagle, 1919-2021

A few days ago we received the somber news that Richard “Dick‟ Slagle, one of the original pillars in the story of Ranald MacDonald, died peacefully at home in Republic, Washington on February 9, 2021 at age 101. Those FOM members who traveled with us to Republic and then on to Toroda were lucky enough to meet Mr. Slagle in 2018 at the Ferry County Historical Society Museum in Republic, when the Friends of MacDonald celebrated our 30th anniversary.  数日前、「私の父親で、ラナルド・マクドナルドのストーリーを語る上で初期の重要人物の一人であったと思われるリチャード ディック スレーグルは、去る2021年2月9日にワシントン州リパブリックの自宅で101歳の人生を全う、安らかに永眠しました」という訃報を娘さんのジィ―ン・ディレーニー夫人から受け取った。FOM創立30周年記念行事の一環としてラナルドの墓参にトロダへ行ったFOMメンバー有志一行は、その途中リパブリックへ寄り、フェリー郡歴史協会博物館で幸運にも、スレーグル翁と握手、歓談、共に記念撮影をする事ができた。それは2018年8月22日の事だった。

In the last sentence of his daughter’s message to us, she wrote the following: “I do want to share, however, the one thing I’ve realized in recent days is that my Dad, Dick Slagle, had many layers of commitment, and he left us all with a huge gift of meaning, continuity, and connection.  I’m very thankful for that.”  As you read through this message, we know you, too, will come to appreciate her words.  ジィ―ン夫人は彼女の手紙の最後に次のように述べて居る。「最近悟った事で、皆さんとシェアーしたい事ですが、 父、ディック・スレーグルは、生前この世に幾重にも及ぶ約束事や関りを持ち、それらの意義、継続性、更には多くのコネという偉大なギフトを残して行きました。私はその事に深く感謝しています。」と。 このニューズレターを読む事によって、読者の皆さんも彼女の言葉をより良く理解する事でしょう。

Dick was born to Elizabeth and J.W. “Jesse” Slagle on July 4, 1919 – joining his 9-year-old brother Maury. Younger-brother Dave was born in 1921. [The family had lost four-year-old Eleanor in 1917.]  Dick’s mother, Elizabeth, came to Republic as an elementary school teacher in 1904, and his father, Jesse started the Republic Drug Store that same year. They were married in 1909. Elizabeth was from St. Clair, Missouri, and Jesse was from Franklin, North Carolina.  ディックは1919年7月4日に、母エリザベスと父J.W.“ジェッシー”スレーグルの間に生まれ、9歳年上の兄モウリ―に加わった。  弟のデイブは1921年に生まれた。[家族は1917年に4歳の妹エレノアを失った.] ディックの母親のエリザベスは1904年に小学校の教師としてリパブリックに来て、父親のジェシーは、同じ年にリパブリックで薬局を始めた。二人は1909年に結婚。エリザベスはミズーリ州セントクレア出身で、ジェシーはノースカロライナ州フランクリン出身でした。

Dick loved Republic and all the surrounding mountains. He had many adventures with his close friend Johnny Anderson, and explored the hills to the west of town with Jack Summerville. He delivered The Spokesman-Review and knew where everyone lived in town. His first job was working for the Forest Service, and he became an Eagle Scout. Dick graduated from Republic High School in 1937. In 1942, Dick graduated from Washington State College (now WSU) in pharmacy, spent the summer on White Mountain lookout, and was soon drafted into the Army. He was stationed at Camp Grant in Salt Lake City, Utah, then Rockford, Illinois, and was transferred to Normandy, France in September of 1944 (after D-day). In France, he worked as a pharmacist in a tent hospital unit of 3000 patients near Lison, and worked at hospitals in Metz, Rouen, and Liege, Belgium. 50 years later in 1994, he was able to travel back to those locations in France with his nephew, Tom. Dick worked with his brother Maury in the Republic Drug Store for 40 years. He married his wife Helen in 1951. Jack was born in 1953, and Jean in 1955. After Helen’s death, Dick married Ruth in 1998.  ディックはリパブリックとその周辺のすべての山々を愛していた。親友のジョニー・アンダーソンと多くの冒険をし、ジャック・サマービルと一緒に町の西の丘を探検した。彼はスポークスマン・レビュー紙を配達していたので、誰が町のどこに住んでいるかを知り尽くしていた。彼の最初の仕事は林野庁で、ボーイスカウトではイーグル・スカウトになった。ディックは1937年にリパブリック高校を卒業。1942年に、薬学でワシントン州立大学(現在のWSU)を卒業、夏をホワイトマウンテンの山火事見晴らし台で過ごし、その後すぐに陸軍に徴兵された。彼はユタ州ソルトレイクシティのグラント基地へ、次にイリノイ州ロックフォード基地に駐屯し、1944年9月(D-dayの後)にフランスのノルマンディーに移送された。フランスでは、リソン近郊の3000人の患者からなるテント病院で米陸軍薬剤師として働き、ルーエンのメッツとベルギーのリエージュの病院でも働いた。(50年後の) 1994年に、ディックは甥のトムと一緒にフランスのそれらの場所に旅行で再び訪れる事ができた。ディックは兄のモーリーとリパブリックのドラッグストアで40年間働いていた。彼は1951年に妻のヘレンと結婚、息子ジャックが1953年に生まれ、娘ジィーンは1955年に生まれた。最初の妻ヘレンの死後、ディックは1998年にルースと再婚。

Dick loved to travel, enjoyed Curlew Lake, and was refreshed by getting out into the Colville National Forest, and he was dedicated to the conservation of the Kettle Range. At home, he loved to read, and was always happy to have a cat on his lap. He was a person of faith, and a member of the Presbyterian Church. He understood the value of preserving local history and was a founding member of the Ferry County Historical Society. He was the local weather observer for the National Weather Service for 50 years.  ディック・スレーグル翁は旅行が大好きで、カールー湖を楽しみ、コービル国有林に行ってリフレッシュし、ケトル山脈の保全に尽くした。 家では読書が大好きで、その際、彼の膝の上に猫が居るのは常だった。 彼は信心深く、長老派教会の信者だった。 彼は地元の歴史を保存することの価値を理解し、フェリー郡歴史協会創設メンバーの一人だった。 スレーグル翁は約50年間、国立気象庁の地元の気象観測者でも在った。

In lieu of flowers, FOM suggests a contribution may be made to:

The Ferry County Historical Society

P.O. Box 287

Republic, WA 99166-0287 USA

 

 

Gates Ajar, Vol.1 No. 2 Winter 1988-89 – ARCHIVES

Sunday, March 28th, 2021
Dick-Slagle-original-grave-photos-1937.jpg

Eagle Scout Dick Slagle, second from right

 

1938  FOM MEMBER Richard M. (Dick) Slagle of Republic, WA, was in the party which placed a cast concrete marker on the grave in 1938.  He took photos of the ceremony with his “little $1 box camera”.

“I was a recent high school graduate,” he writes, “and in June of that year was approached by our local scoutmaster …  He had been asked to have the Boy Scout troop participate in a ceremony at a grave and to make a marker.  Not having any other information and only several days’ time, we set about the task of making a cement cross.  When the cement was poured we scratched in the name as neatly as we could:  “Ranald MacDonald”.

“On the day of the ceremony we loaded the cross into a school bus and rode to the Kettle River location, about 30 miles north of Republic.  It was a warm summer day and about a dozen or so people assembled in the little Indian cemetery on the edge of a bench.  It overlooks the Kettle River, the mouth of Toroda Creek and the ranch where Ranald MacDonald was visiting at the time of his death.

Jenny-Lynch-original-grave-photos-1937.jpg

Jennie Nelson Lynch, circa 1938

  “Among the people gathered were Judge William C. Brown of Okanogan, a man with a lifelong interest in regional history and especially the history of the native people.  Judge Brown had organized the event and as he spoke I first heard the story of Ranald MacDonald.  “However, the high point of the program was to hear Mrs. Jennie Lynch (the former Jennie Nelson).  At that time she was probably in her 70’s, an active Indian lady and a favorite of her uncle Ranald.  As our group stood on this spot and looked over the scenic Kettle River valley she told the story of her memories of her uncle and his fondness to visit their ranch and of his last trip and final illness … “ … in 1894, Ranald died in the arms of his beloved niece, Jenny Lynch, saying “Sayonara, my dear, sayonara”.

ワシントン州リパブリックのFOMメンバー、リチャードM.“ディック”スレーグルは、1938年にラナルド・マクドナルドの墓にコンクリート製手作りの十字架/墓標を設置する式典に参加した。その時、彼は「小さな 1ドルのボックスカメラ」で式典の様子を写真に収めていた。 「私は最近高校を卒業しました」と彼は書き出し、更に「その年の6月に地元のスカウトマスターから連絡があり・・・彼曰く、ボーイスカウト部隊で墓標を作って用意し、式典に参加するよう頼まれた・・・と云ってきました。」と。他の情報はなく、ほんの数日で、セメント製十字架(墓標)を作る作業に着手しました。セメントが枠に注がれ終わった時、私たちはできる限り丁寧に名前を刻み込みましたRanald MacDonaldと。 「式典の日に、私たちはコンクリート製十字架をスクールバスに積み込み、リパブリックの北約30マイルにあるケトル川の近くの場所に辿り着きました。暖かい夏の日で、小高い丘の端にある小さなインディアン墓地に十数人ほどの人々が集まりました。そこはトロダクリーク河口のケトル川、そしてラナルドが亡くなった時に訪れていた牧場が見渡せる場所でした。そこに集った人々の中に、ウィリアムC.ブラウン裁判官が居りました。彼は 地域史に生涯関心を持つお方、特にオカノガン地域の先住民の歴史に関し。ブラウン裁判官がイ ベントを組織し、彼が話し始めた時私は初めてラナルド・マクドナルドのストーリーを聞きました。しかし、 プログラムのハイポイントはジェニー・リンチ夫人(旧姓 ジェニー・ネルソン)の話を聞くことでした。当時 彼女はおそらく70歳代だったでしょう。活動的なインディアン女性で 叔父ラナルドのお気に入りの姪でした。彼女は、風光明媚なケトルリバーバレーを見渡しながらいつも彼女たち所有の牧場訪問を楽しみにしていた叔父ラナルドとの思い出や彼の最後の旅、最後の病いの話等を語ってくれました。    『・・・1894年にラナルドは姪ジェニー・リンチの腕の中で息を引き取りました「サヨナラ マイ ディヤ― サヨナラ」と云って・・・』