Home News Bio Membership Gallery Tour
 


Posts Tagged ‘Kettle River’

Gates Ajar, Vol.1 No. 2 Winter 1988-89 – ARCHIVES

Sunday, March 28th, 2021
Dick-Slagle-original-grave-photos-1937.jpg

Eagle Scout Dick Slagle, second from right

 

1938  FOM MEMBER Richard M. (Dick) Slagle of Republic, WA, was in the party which placed a cast concrete marker on the grave in 1938.  He took photos of the ceremony with his “little $1 box camera”.

“I was a recent high school graduate,” he writes, “and in June of that year was approached by our local scoutmaster …  He had been asked to have the Boy Scout troop participate in a ceremony at a grave and to make a marker.  Not having any other information and only several days’ time, we set about the task of making a cement cross.  When the cement was poured we scratched in the name as neatly as we could:  “Ranald MacDonald”.

“On the day of the ceremony we loaded the cross into a school bus and rode to the Kettle River location, about 30 miles north of Republic.  It was a warm summer day and about a dozen or so people assembled in the little Indian cemetery on the edge of a bench.  It overlooks the Kettle River, the mouth of Toroda Creek and the ranch where Ranald MacDonald was visiting at the time of his death.

Jenny-Lynch-original-grave-photos-1937.jpg

Jennie Nelson Lynch, circa 1938

  “Among the people gathered were Judge William C. Brown of Okanogan, a man with a lifelong interest in regional history and especially the history of the native people.  Judge Brown had organized the event and as he spoke I first heard the story of Ranald MacDonald.  “However, the high point of the program was to hear Mrs. Jennie Lynch (the former Jennie Nelson).  At that time she was probably in her 70’s, an active Indian lady and a favorite of her uncle Ranald.  As our group stood on this spot and looked over the scenic Kettle River valley she told the story of her memories of her uncle and his fondness to visit their ranch and of his last trip and final illness … “ … in 1894, Ranald died in the arms of his beloved niece, Jenny Lynch, saying “Sayonara, my dear, sayonara”.

ワシントン州リパブリックのFOMメンバー、リチャードM.“ディック”スレーグルは、1938年にラナルド・マクドナルドの墓にコンクリート製手作りの十字架/墓標を設置する式典に参加した。その時、彼は「小さな 1ドルのボックスカメラ」で式典の様子を写真に収めていた。 「私は最近高校を卒業しました」と彼は書き出し、更に「その年の6月に地元のスカウトマスターから連絡があり・・・彼曰く、ボーイスカウト部隊で墓標を作って用意し、式典に参加するよう頼まれた・・・と云ってきました。」と。他の情報はなく、ほんの数日で、セメント製十字架(墓標)を作る作業に着手しました。セメントが枠に注がれ終わった時、私たちはできる限り丁寧に名前を刻み込みましたRanald MacDonaldと。 「式典の日に、私たちはコンクリート製十字架をスクールバスに積み込み、リパブリックの北約30マイルにあるケトル川の近くの場所に辿り着きました。暖かい夏の日で、小高い丘の端にある小さなインディアン墓地に十数人ほどの人々が集まりました。そこはトロダクリーク河口のケトル川、そしてラナルドが亡くなった時に訪れていた牧場が見渡せる場所でした。そこに集った人々の中に、ウィリアムC.ブラウン裁判官が居りました。彼は 地域史に生涯関心を持つお方、特にオカノガン地域の先住民の歴史に関し。ブラウン裁判官がイ ベントを組織し、彼が話し始めた時私は初めてラナルド・マクドナルドのストーリーを聞きました。しかし、 プログラムのハイポイントはジェニー・リンチ夫人(旧姓 ジェニー・ネルソン)の話を聞くことでした。当時 彼女はおそらく70歳代だったでしょう。活動的なインディアン女性で 叔父ラナルドのお気に入りの姪でした。彼女は、風光明媚なケトルリバーバレーを見渡しながらいつも彼女たち所有の牧場訪問を楽しみにしていた叔父ラナルドとの思い出や彼の最後の旅、最後の病いの話等を語ってくれました。    『・・・1894年にラナルドは姪ジェニー・リンチの腕の中で息を引き取りました「サヨナラ マイ ディヤ― サヨナラ」と云って・・・』